冨田 洋介

ー理学療法士免許取得後、群馬県内の病院で脳卒中、脊髄疾患を有する方々へのリハビリテーションに携わっていました。

ーまた2013年から2017年までの約4年間、カナダのMcGill大学に留学し、博士号を取得しました。世界中から集まる研究者たちと過ごした経験を今後の研究・教育・臨床で活かしたいと思います。

ーこれまで、運動制御理論に関する基礎研究や、健常者、脳卒中患者、脊髄疾患患者やアスリー トにおける運動の協調性に関する研究を行ってきました。これらのテーマについて動作解析装置等を用いて運動学・運動力学的にアプローチしています。

ー日本のリハビリテーションは世界に誇れる点が多くあります。基礎研究と同時に、現場で当たり前に行われていることを科学的に検証することでリハビリテーション科学が発展すると考えています。

ー学生さんや現場で働く方々と共に学んでいきたいと思います。

Speaking At

Past Events

News

No items found.