Liz Ferguson

現Wileyの研究出版部門シニアバイスプレジデント。Hindawiを含め、Wileyの出版ビジネスモデルの開発・監督の責任者。また、オープン出版ポリシーなど、オープンアクセス戦略も主導する。Wileyの研究公正グループなど、幅広いオープンリサーチの発展の責任も担う。2008年から2013年まで、Wileyの生物学分野のジャーナルプログラムの責任者を務め、ゴールド・オープンアクセス・ジャーナル・プログラムの開発と立ち上げに大きく貢献した。過去にはBlackwell、Wolters Kluwer、ThomsonScienceなど、さまざまなSTM出版社で編集職を歴任。ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オーストラリアの出版、学術会議で多くの講演や司会を務めている。英国王立協会の出版委員会および欧州学術出版プログラム委員会のメンバーであり、OAスイッチボードの運営委員会およびDataONEの外部諮問委員会にも所属。過去にはDryadの理事を2期務め、Universities UK OA Efficiencies Working Groupに参加し、2013年から2018年までOASPA Conference on Scholarly Publishingの組織委員を務めた。

Speaking At

Past Events

News

No items found.